降圧剤カルシガードはアダラートのジェネリック薬

降圧剤であるカルシガードはニフェジピンという成分が含まれているアダラートのジェネリック医薬品です。
カルシガードはジェネリック医薬品なので、ニフェジピンの先発薬品であるアダラートよりもかなり安い値段で購入する事が可能です。

こちらの薬剤はアダラート同様に血管を広くする薬剤で、高血圧などの血圧の病気を治療したり、狭心症などの心臓の病気に効果を発揮します。
カルシガードの服用方法ですが、食後に服用する必要があります。
服用する時の注意点ですが、他の薬剤だと噛み砕いて服用しても全く問題ない場合がほとんどです。
こちらの薬剤だと噛み砕いて服用すると急に血中濃度が高くなりすぎ、過度なアレルギー反応を示す場合があります。
そのような訳からカルシガードを服用する場合には、必ず噛まずに服用する事が必要です。

カルシガードは妊婦さんに使用できる場合もあります。
カルシガードは通常狭心症などの心臓の治療に利用したり、高血圧などの血圧や血管などの病気の治療のために利用されます。
狭心症や通常の血圧の病気の際には漢方薬などの、他の効果が緩やかな薬剤が選択される場合がほとんどです。
しかし妊娠時高血圧症の治療が必要な場合にはカルシガードの使用が許可される場合があります。
カルシガードを点滴で入れる事で血圧を安定させる効果を期待できるだけでなく、出産後の重篤な腎臓などの障害などを防ぐ効果を期待する事が可能です。

カルシガードはかなり作用がきつく、初めて服用する人の場合だと急激な血圧の低下により立ちくらみなどを起こす可能性が非常に高いです。
そのような時にはすぐに医師に連絡して他の薬剤を処方してもらう必要があります。
酷い場合には急に気を失う場合もあるので、このような場合は救命救急センターに行き点滴を静注してもらいます。
カルシガードの成分を薄めないと命にかかわる重大な事態になる可能性も否定できないので、そうならないようにしなければいけません。

日本ではカルシガードは未承認なので個人輸入で入手

このように、アダラートのジェネリック医薬品であるカルシガードは、日本では厚生労働省が承認していません。
そのためカルシガードを服用しようと思うのであれば、基本的には個人輸入する事になります。
個人輸入する際には医師が処方する訳でないので、全て自分の責任で服用するという意識が必要です。

医療機関によっては、カルシガードのような未承認薬を実験目的で処方している医療機関もあります。
そのような医療機関の場合だと国の制度を利用している場合があり、無料でカルシガードを利用する事が可能です。
大学病院や日赤病院などの大規模な医療機関だとこのようなパターンもあるので、大学病院などの公式サイトや厚生労働省などの公式サイトなどで調べると良いです。

しかし近くに大学病院や日赤病院などがない場合には、個人輸入しかカルシガードを服用する方法がないです。
個人輸入するのであれば、インターネットで個人輸入の代理店を探す必要があります。
大手の代理店だとカルシガードの服用方法はもちろん、注意すべき点などもきちんと記載されているので大丈夫です。

カルシガードを販売している代理店では郵便振替などだけでなく、クレジットカードやコンビニエンスストアでの支払いにもきちんと対応しています。
カルシガードを購入する際に好きな支払い方法を選択する事が可能です。
支払い方法について分からない事があれば、代理店の公式サイトに設置されている問い合わせ窓口から問い合わせをすると、遅くとも翌日には担当のスタッフからメールで返信があり、非常に分かりやすい説明が記載されています。
インターネットがない場合だとフリーダイヤルから問い合わせする事もできるシステムです。