軽度から中程度の高血圧に最適な降圧剤コバシル

自分で血圧を測定する人

コバシルはACE阻害薬と呼ばれる種類の薬剤です。
コバシルの主成分であるペリンドプリルエルブミンはアレジオテンシン変換酵素阻害作用によって、昇圧物質であるアレジオテンシン?の生成を抑制し、末梢血管の抵抗を減らして血圧を下げます。

このアレジオテンシン?は血管を収縮させたり、腎臓でナトリウムや水分の排出を抑えて血液量を増やす働きをします。
これによって血圧を上げてしまい、高血圧の原因にもなるのです。

アレジオテンシン?は酵素によってアレジオテンシン2から作られ、それをコバシルで阻害することで血圧を強力に下げる効果をもたらします。
アレジオテンシンが関わる経路は、レニンーアンジオテシン系が知られています。
コバシルはこの経路に作用して、アレジオテンシンの働きを抑制する薬剤です。
持続的に高血圧の治療が出来るので、軽度から中等程度の高血圧患者に用いられます。

コバシル(ペリンドプリルエルブミン)は通常ならば成人は2分の1または1錠を、1日1回服用します。
年齢や症状によっては最大2錠まで増やされることもあります。
もしもコバシルを飲み忘れた場合は、気付いたときにすぐ服用してください。
ただし、次の服用時間が近いならば1回分を飛ばします。
絶対に2回分を1度に服用してはいけません。

コバシルを服用するときは、毎日同じ時間に服用することが大切です。
家では血圧が低いとしても、服用を止めないようにしてください。
自分の判断で服用を止めてしまうと血圧は高く戻ってしまい、血圧の上下を繰り返すことで血管をキズ付ける原因となるからです。

高血圧の治療薬であるコバシルには、いくつかの副作用が報告されています。
主な副作用の症状としては、咳やのどの違和感など呼吸器系のものと、発疹・皮疹などの過敏症状が見られます。
副作用の咳はブラジキニンという物質の量を増大させてしまうために、のどに関係のある症状が起こる可能性が高くなります。
空咳は就寝前に服用するか、またはCa拮抗剤・利尿剤を併用すると軽減されます。

高血圧症の効果以外に糖尿病性腎症や心不全等にも有効

ACE阻害薬であるコバジルを服用することで、高血圧以外にも腎臓病や心不全の改善効果も期待できます。
心不全の原因は血管の壁が厚くなることや、硬くなることで血液の流れが悪くなり結果として血圧が高くなって発症します。
常に血圧が高いと血管の負担が大きくなり、例え手術をしていても心不全を再発してしまいます。

心臓や腎臓病には線維化が関わり、これにはアレジオテンシンも深く関係しています。
コバシルはこれを抑えて、心臓や腎臓の保護にも役立ちます。
ペリンドプリルエルブミンは「腎臓病を伴う高血圧」や、「高血圧による心肥大」に対しても有効であることが証明されています。
コバシルは腎臓の糸球体に入る血管の輸入細動脈を拡張し、糸球体の血圧を下げて腎臓を保護します。
また高齢者にも高い効果を示し、長期間投与したとしても効果が薄れることなく安定して血圧を下げます。

心筋は高血圧のほかアレジオテンシンが直接、心筋を肥大させてしまうことがあります。
心臓の心筋細胞以外の部分(間質)を増殖させて線維化したり、動脈内腔の狭小化などを引き起こすのです。
動脈硬化によって狭くなった腎臓の血管は、不要な老廃物を排出する機能が低下します。

さらに腎臓の狭くなった血管の末端で血圧が低くなり、血圧が低くなったと勘違いした腎臓はレニンという血圧を上げる酵素を多く出すようになります。
このために血圧が上昇し、高血圧を作り出してしまうのです。
そこで治療に用いられるACE阻害薬は心臓の血管系の肥厚を改善し、動脈硬化の進行も阻止してくれる薬です。

コバシルは糖や脂質代謝に影響を与えずにインスリン抵抗性を改善させて、尿タンパクの減少効果など腎臓病と心不全・心筋梗塞の予後改善にも効果を発揮します。