ノルバスクのジェネリック高血圧治療薬アムリプ

高血圧治療薬アムリプは先発薬ノルバスクと同じ有効成分であるアムロジピンベシル酸塩の働きで、血管に流入して血圧を上げるカルシウムイオンをブロックして降圧効果をもたらす、カルシウム拮抗薬というグループに属するジェネリック医薬品です。
カルシウム拮抗薬は高血圧治療で最初に投与される第一選択薬で、アムリプの先発薬ノルバスクはその中でも最も処方数が多い降圧剤となっており、その信頼性の高さがそのままアムリプの人気に繋がっています。

ジェネリックとは言えアムリプの有効成分もノルバスクと同じアムロジピンベシル酸塩ということで効果効能は先発薬と変わりありません。
ジェネリックならではの価格の安さで元祖ノルバスクに匹敵するほどの注目を集めるようになりました。
高血圧治療薬は心臓の働きに直接作用して効果を発揮するタイプもあります。
アムリプをはじめカルシウム拮抗薬は血管に特化して作用する降圧剤ということで、他の器官への影響を抑えて血圧を下げる効果に優れているというメリットを持っており、1日1回の服用で24時間効果が持続する点も重宝されています。

アムリプの有効成分アムロジピンベシル酸塩は、血管を収縮させる働きを持つカルシウムイオンが血管壁にあるカルシウムチャネルと呼ばれる流入口から入るのを阻害して血管を拡張させて降圧効果をもたらします。
同様の仕組みで効き目をあらわすカルシウム拮抗薬の中でも比較的新しいタイプのアムリプは血管平滑筋や心臓の筋肉に特化したL型カルシウムチャネルへの選択性が高められています。
さらに安全性を高めてより良い効果が期待できる降圧剤となっています。

カルシウム拮抗薬は狭心症の治療にも有効活用される薬です。
アムリプの効能はゆっくりと効き目をあらわしながら長時間にわたって安定して作用するため狭心症の急性期には不向きとされる面がありますが、発作を予防することには役立ちます。
カルシウム拮抗薬はグレープフルーツとの相互作用で血圧が下がり過ぎる心配がありますが、アムリプは比較的影響を受けにくいとされています。
とは言え服用継続中はグレープフルーツを避けた方が安心で、他の薬との飲み合わせに注意しながら用法用量を守って服用すべき降圧剤です。

先発薬よりも安価が嬉しいジェネリック医薬品

先発薬ノルバスクと同じ有効成分アムロジピンベシル酸塩の働きで優れた降圧効果を発揮するアムリプは、高血圧症治療の第一選択薬であるカルシウム拮抗薬の中でもさらに高い安全性を持つジェネリック医薬品として人気を集めています。
ジェネリックは先発薬の有効成分の特許が切れて以降、同じ成分を使って他の製薬メーカーが製造販売されたもので、先発薬よりも安価に利用できる点が大きな魅力となっている医薬品です。

アムリプをはじめジェネリック医薬品が先発薬よりかなり低価格になっているのは、効果効能が劣るからではなく、先発薬が誕生するまでにかかった研究開発費や臨床試験などに使われた多額の費用が無く製造できるからです。
先発薬で既に確認されている優れた効果や安全性の元に同じ有効成分でつくられているため、成分量が同じであれば同じ効果効能が安全に得られる薬となっています。
高血圧症治療薬のように長期間服用を続ける必要のある薬の場合、高い有効性・安全性を持った安価なジェネリックの存在は有難いものがあります。

先発薬によって優れた効果効能と安全性を持った有効成分がそのまま役立てられているジェネリック医薬品です。
製造販売している各メーカーごとに錠剤などの形につくり上げる過程で加えられる添加物の内容が違っています。
有効成分そのものが持つ病気に対する効果効能は同じでも、添加物の違いによって効き目があらわれる時間が違っていたり、効能の持続時間に違いがみられることもあります。
添加物に使われるものにはトウモロコシやジャガイモのでんぷんや大豆レシチン、牛乳のカゼインなどがあるため、食物アレルギーを持つ人の場合はジェネリックへの変更の際、添加物にも注意しておくほうが安心です。